Follow us

ハイマウント公式SNSアカウント

ONLINE STORE

share

【ごはん部】お好み焼きdeキャンプ

ども! ハイマウントの自称料理担当A山です。
A山は、常々思っていました。ホットサンドメーカーで焼いたお好み焼きの上に、ミニュチュアのキャンプ場を作ったらかわいいんじゃないだろうかと……。しかし、炎天下を物ともせずバリバリ働く方々を尻目に、ちまちま食材を組み立てて、ニヤニヤしたりしていいのかと自問する日々。
そんな時に、またとない朗報が!!ソトレシピ×Jソースのコラボ企画で「ホットサンドメーカーでお好み焼きを作ろう!キャンペーン」が開催されるとのこと。これはもうやるしかありません。ホットサンドメーカーを世に届けるハイマウントの公明正大な仕事として、成すべき時が来たのです。もはや使命なのです!!

早る気持ちを抑えつつ、まずは粛々とお好み焼きを焼いていきます。今回はお好み焼き粉に卵と水を混ぜて生地を作り、キャベツ、天かす、干し海老、豚バラを投入。ホットサンドメーカーの屋外での調理には、ウィンドスクリーンがあると断然便利。風を防ぎ、炎が煽られることもないので、ムラなくキレイに焼くことができます。おかげで今回もイイ感じに焼き上がりました。

お次はソース。たっぷり、なみなみとかけていきましょう。香ばしいソースの香りにそそられますが、ここはぐっと我慢。芝生に見えるくらい青海苔を振りかけて、ベースは完成です。

さあ、メインとなるテントです。程よい長さに切った国民的お菓子をクロスさせ、糸で縛ります。すべて食材で作りたかったのですが、強度が今ひとつだったため、今回ここだけは特別に。クロスさせた支柱をお好み焼きに刺して、梁を載せ、薄焼き卵を被せたら三角テントの完成です。

さて次は、テントまわり。薪を積み、焚き火も作っていきましょう。薪木は茹でたパスタを揚げたもの、炎は糸唐辛子で再現してみました。ハムを丸めて、テントに寝袋をセットすれば、ソレらしくなってきましたよ。

おかひじきの茎で木を作ったら、完成!……の予定でしたが、テントの手前が少し寂しいので、急遽アウトドアチェアを作ることに。揚げパスタを6本刺し、ハムを長方形に切ってシートに見立てることにしました。

これで、お好み焼きキャンプ場の完成です。題して「お好み焼きdeキャンプ」。薪と焚き火の距離の近さが心配ではありますが、よしとしましょう。

最後に、実食。ホットサンドメーカーシングルIHならプレートを分割できるから、お皿いらずで出来立て熱々をそのまま味わえます。豪快に頬張れば、旨さもまた格別です。

ミニチュア作りが楽しくて構想という名の妄想が止まりませんが、機会と需要があればまたぜひその時に~♪

ハイマウントでは、ソトレシピ×ブルドックソース『Jソース』の#ホットサンドメーカーでお好みサンド焼きを作ろう!キャンペーンに投稿&賞品協賛しています。
豪華アウトドア商品が当たるチャンス!皆さんもぜひチェックしてみてくださいね。

HIGHMOUNT journal一覧へ戻る

OUTDOORの新着記事

LIFESTYLEの新着記事

Topへ戻る