Follow us

ハイマウント公式SNSアカウント

ONLINE STORE

OPINELオピネル

OPINELオピネル

ブランド一覧

特長

OPINEL

ヒストリー

ステンレスとカーボンの違い

ステンレススチール

ステンレススチール
鉄にクロムやニッケルを含み、クロム含有量が少なくとも10.5%以上の合金鋼のことをステンレススチールといいます。
クロムの追加により、パッシベーション層という極薄酸化膜を表面に作り出し、刃をサビから保護しています。
このことから、 全てのオピネルのステンレススチールナイフに「さびない鋼鉄」を意味する「INOX」の文字が刻印されています。
カーボンスチールナイフほど頻繁にメンテナンスを必要とせず、お手入れが楽チンなのが嬉しいポイント。
また、耐摩耗性が高く、セラミックなどの硬い表面で使用しても大丈夫です。

カーボンスチール

カーボンスチール
スチールとは鉄と炭素の合金のこと。その他元素をほぼ含まない鋼のことをカーボンスチールといいます。
カーボンスチールナイフの魅力は、なんといっても切れ味が抜群なこと。
研ぎやすい性質なので、普段から刃のメンテナンスを心がけていれば切れ味を完璧に保つことができます。
自分流に切れ味をコントロールしたい方や、日頃から手をかけてメンテナンスを楽しみたい方にはうってつけ。
ただし、欠けやすくサビやすい性質もあるので、 硬い表面での使用や湿気の多い環境での使用・保管は注意が必要です。
一目で材質がわかるよう、オピネルの全カーボンスチールナイフの刃に「CARBONE」の文字が刻印されています。

メンテナンス方法

ステンレススチールナイフのお手入れ方法

OPINELステンレススチールナイフの洗い方
ハンドルを濡らさないよう、注意しながら刃を温水ですすぎます。
次にスポンジと食器用洗剤で刃を洗ってください。
洗ったあとは刃をたたむ前に十分乾かしてから保管します。

ステンレススチールナイフであっても絶対にサビないことはありません。
ステンレススチールナイフもカーボンスチールナイフと同様に、普段から湿気の多い環境での長期保管は避け、 定期的に刃を取り出して状態をチェックしてください。

カーボンスチールナイフのお手入れ方法

OPINELカーボンスチールナイフの洗い方
流水にさらさず、食器用洗剤と温水で湿らしたスポンジで刃を数回拭います。
そのあと乾いた布で拭き取ってください。

カーボンスチールナイフを使用後そのまま放置してしまうと、一晩でサビが発生してしまうことも。
たとえサビてしまっても、ホームセンターなどで購入できるサビ取りスプレーで除去できますが、長期間放置するとサビはなかなか取れません。
末長くオピネルナイフをご愛用いただくため、使用したその日のうちにお手入れすることをお勧めします。

ハンドルのお手入れ

OPINELカーボンスチールナイフの洗い方
20℃くらいの温水を湿らせたスポンジまたはクリーンな布でハンドルを拭き取り、そのあとすぐに乾いた布で拭きます。
絶対にハンドルを流水にさらしたり、溝部に水を侵入させたりしないでください。
ハンドルの歪みの原因になります。

OPINEL TOPに戻る
Topへ戻る